Browsing Tag

A Realm Reborn

  • Featured Video Play Icon
    FINAL FANTASY XIV

    【FF14】プレイ日記#19 ふたりの盟主~混沌の渦動

    サハギン族の蛮神リヴァイアサン召喚に対して黒渦団から救援要請を受けて、討伐に向かう事になった冒険者。沖合のリヴァイアサンと対峙するために、編属性クリスタルを用いた魔法障壁発動機を乗せた双胴船で挑む事に。 そして無事蛮神リヴァイアサンの討伐に成功し大海嘯を未然に防ぐ事に成功した。 東方から亡命してきたユウギリもサハギン族の制圧に一役買ってくれた事で信頼を築け、更に東方の戦闘術を伝授してくれる事とな […]…

  • Featured Video Play Icon
    FINAL FANTASY XIV

    【FF14】プレイ日記#15 霊砂と過去を記す者~闇の世界(クリスタルタワー:古代の民の迷宮&シルクスの塔)

    前回からの続きでクリスタルタワー解放クエストを進めて、新生編の24人レイドである『古代の民の迷宮』と『シルクスの塔』に行ってきました。 古代アラグ文明の遺産という事で突入するまでに魔法障壁があったり、内部には他では見られないモンスターや、アモンやザンデなど過去シリーズに登場したモンスターも見られました。 ザンデを撃破してシルクスの塔も無事に踏破に成功しましたが、異界への穴は思いの外大きく、ネロ達 […]…

  • Featured Video Play Icon
    FINAL FANTASY XIV

    【FF14】プレイ日記#13 決戦の地へと続く道~究極幻想アルテマウェポン(カストルム・メリディアヌム&魔導城プラエトリウム)

    帝国の侵略を阻止すべく対帝国用の作戦を進めリットアティンの撃破に成功した冒険者達。エオルゼア各地でそれぞれが古今奮闘し作戦を進めていく中で、カストルム・メリディアヌムで防壁を破り帝国の本拠地である魔導城へと侵攻していく事となる。 魔導城の最奥にはガイウスがおり、アルテマウェポンを使って攻めてきたもののなんとか撃破に成功。 しかし、超える力によって本当の問題は帝国ではなくアシエンやハイデリンにあっ […]…

  • Featured Video Play Icon
    FINAL FANTASY XIV

    【FF14】プレイ日記#12 帝国軍あざむき作戦~決戦の地へと続く道(リットアティン強襲戦)

    カストルム・セントリに捉えられているミンフィリアを助け出すべく、潜入の準備を進める。基地内に潜入するには魔導アーマーが必要との事で、帝国の所有する魔導アーマーを奪取。アルテマウェポンを携えエオルゼアを征服しようとする帝国に対抗すべく、暁の血盟が中心となって3国協力して対抗する事になった。 対帝国の作戦は何段階かに分かれており、まずはガイウスの右腕でもあるリットアティンを排撃。…

  • Featured Video Play Icon
    FINAL FANTASY XIV

    【FF14】プレイ日記#11 幻影諸島奇談~帝国軍あざむき作戦(オーラムヴェイル&ガルーダ討伐戦)

    ガルーダ討伐に向けて偏属性クリスタルを集めるべく幻影諸島へ。幽霊話により探索は難航したが、幽霊の正体であるセイレーンを撃退し無事に偏属性クリスタルをゲットできた。集めたクリスタルでエンタープライズを強化して、いざガルーダの待つハウリングアイ石塔群へ。 なんなくガルーダを討伐に成功はしたものの、ガイウスが最終兵器アルテマウェポンを連れて現れ、タイタン、イフリート、ガルーダの3蛮神を吸収してしまう。 […]…

  • Featured Video Play Icon
    FINAL FANTASY XIV

    【FF14】プレイ日記#10 野戦病院の蒸留器~幻影諸島奇談(ゼーメル要塞&ストーンヴィジル)

    前回に引き続き、嵐神ガルーダを討伐すべくガルーダのいる社へ行くためにエンタープライズを探すところからスタート。ストーンヴィジルという砦でエンタープライズらしき船を見かけたという情報は早々に入手できたが、ストーンヴィジルに入るためにはイシュガルド地方で信頼を獲得する必要があった。 広くて寒いクルザスをあっちへこっちへ行って内乱を収めたりおつかいをする中で、徐々に信頼してもらえるようになり、ようやく […]…

  • Featured Video Play Icon
    FINAL FANTASY XIV

    【FF14】プレイ日記#9 小さな勇者の帰還~野戦病院の蒸留器(カッターズクライ)

    フッチの遺体をシルフのお宿へ届けて再びアダマランダマ教会に戻ると、アルフィノが現れマルケズは実はシドだったという事実が発覚。アルフィノはイクサル族によって召喚された蛮神ガルーダを止めるべく、シドを探していたところだったらしい。 ガルーダはクルザスの爆風の壁に守られた祭壇におり、そこに行くためにはシドの愛艇「エンタープライズ号」が必要とのこと。記憶を失くしてしまったシドだったが、情報を集めていくう […]…